第123回日本小児精神神経学会[The 123rd Meeting of Japanese Society of Pediatric Psychiatry and Neurology]

開催中止について

2020.6.27(土)・28(日)、テーマ:発達障害の二次的・三次的障害を防ぐために ~トラウマとの関係を見つめなおす~、会場:日本消防会館(ニッショーホール)〒105-0001 東京都港区虎ノ門2丁目9番16号、会長:桝屋 二郎(東京医科大学 精神医学分野)、大会顧問:河島 尚志(東京医科大学 副学長・小児科学分野 主任教授)、井上 猛(東京医科大学 精神医学分野 主任教授)

第123回日本小児精神神経学会の開催中止について

かねて準備を進めてまいりました第123回日本小児精神神経学会(6月27日~28日)につき、開催延期の選択肢も含めて慎重に検討を進めてまいりましたが、今般の新型コロナウイルス感染症拡大の状況を鑑み、大変苦渋の決断ではございますが、開催を中止とすることと致しました。

桝屋大会長はじめ第123回学術集会の開催に関わってこられております方々、学術集会へご参加予定の皆様には大変申し訳なく思っております。事情をご理解いただき、ご了解いただけますようお願いいたします。

なお、本年11月7日より香川県高松市にて開催予定としております学術集会(第124回大会 大会長 牛田美幸)につきましては現時点では予定通り開催に向けて準備を進めてまいります。また、2021年春の第125回学術集会の小石誠二大会長のご配慮によりまして、第123回学術集会の大会長桝屋二郎先生には、2021年春にあらためて第125回大会長をお願いする方向で検討中です。 どうぞ、今秋以降の学会に皆様のご参加、ご発表を心よりお待ちしております。

令和2年3月27日

一般社団法人 日本小児精神神経学会 理事長 宮本 信也


第123回日本小児精神神経学会の開催中止につきまして

第123回日本小児精神神経学会の開催中止にあたりまして、これまでの大会準備にてお力添えをいただいた皆様、講演やシンポジウムを引き受けていただいた皆様、事前参加登録や演題登録をしていただいた皆様、関係する全ての方に対して大変申し訳なく思っております。心よりお詫び申し上げます。

事前参加登録や演題登録をしていただいた皆様の事務手続き等につきましては速やかに大会HPや電子メール等にてご連絡申し上げます。また本大会と共に中止になりました定時代議員総会や理事会につきましても、関係する皆様には電子メール等にてご連絡申し上げます。

今後のことになりますが、第125回大会長の小石誠二先生のご厚情もあり、当職を同大会大会長としてご検討いただくこととなりました。心より感謝するとともに、再度の大役に身が引き締まる思いもしております。今大会のテーマとしておりました「発達障害の二次的・三次的障害を防ぐために~トラウマとの関係を見つめ直す~」につきましては当職の大切にしてきた思いを込めたものですので、第125回大会でも同一テーマとして引き継がせていただき、今回、ご快諾いただきながら実現できなかった先生方のご講演やシンポジウム等を是非とも実現させたく思っております。心を込めて準備いたします。皆様のご参加とご発表、心よりお願い申し上げます。

令和2年3月27日

第123回日本小児精神神経学会 大会長 桝屋 二郎

新着情報

2020.03.27
第123回日本小児精神神経学会の開催を中止しました。
2020.03.20
演題登録期間を4月10日(金)まで延長しました。
2020.03.11
プログラムを更新しました。
2020.01.13
事前参加登録を開始しました。
2019.12.27
ホームページを公開しました。
演題登録を開始しました。