第125回日本小児精神神経学会[The 125th Meeting of Japanese Society of Pediatric Psychiatry and Neurology]

第125回日本小児精神神経学会について

先般お知らせいたしました通り、第123回日本小児精神神経学会は新型コロナウイルス感染症拡大の状況を鑑み、開催を中止いたしました。

参加登録をされていた皆様には、返金についてのご案内を近日中にお送りいたします。

第123回大会は中止となりましたが、検討の結果、2021年に開催予定の第125回大会において、下記の予定で開催いたします。

大会期日:
2021年6月26日(土)~27日(日)
大会会場:
ニッショーホール(旧ヤクルトホール)
(※今秋より移転予定 〒105-0021 東京都港区東新橋1丁目1−19)
大会テーマ:
発達障害の二次的・三次的障害を防ぐために~トラウマとの関係を見つめなおす~

第125回大会の開催について、またプログラム等については、今後こちらのホームページなどで順次お知らせいたします。

令和2年4月9日

第125回日本小児精神神経学会 大会長 桝屋 二郎

2021.6.26(土)・27(日)、テーマ:発達障害の二次的・三次的障害を防ぐために ~トラウマとの関係を見つめなおす~、会場:日本消防会館(ニッショーホール)〒105-0021 東京都港区東新橋1丁目1番19号、会長:桝屋 二郎(東京医科大学 精神医学分野)、大会顧問:河島 尚志(東京医科大学 副学長・小児科学分野 主任教授)、井上 猛(東京医科大学 精神医学分野 主任教授)

第123回大会の開催中止について

新着情報

2020.04.09
第125回日本小児精神神経学会について を掲載しました。
2020.03.27
第123回日本小児精神神経学会の開催を中止しました。
2020.03.20
演題登録期間を4月10日(金)まで延長しました。
2020.03.11
プログラムを更新しました。
2020.01.13
事前参加登録を開始しました。
2019.12.27
ホームページを公開しました。
演題登録を開始しました。